2017年10月29日

2週連続の週末台風直撃。痛ツ!!

先週の大型台風で被害にあわれた方々のことを思うと
続けての台風には胸が痛みます。

それに比べると、弊社の先週からの日曜日の来店キャンセル
は大したことはないのですが、

相次ぐ週末直撃の台風には恨めしい限りですね

だからと言って、お客様にあっちこっち電話をすることは
ありません。

でも、やらなければならないことは山ほどあるので

休んでられないです。

まずレインズ等のダウンロード等、新着物件の確認。
ホームページのカスタマイズのチェック。

そして鴻巣市で行っている古民家再生プログラムの
進捗状況のチェックと追加工事の積算等々。

それでも晴れたほうがいいので
台風一過を待ちわびています。

※追伸ːと思っていたら、以前、北本市の土地をご紹介
していたお客様がご夫婦で来店され、買い付けを頂き
ました。




posted by のんびり店長 at 10:58| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月27日

知花くららさん、角川短歌賞入選おめでとう!

モデルの知花くららさん!
角川短歌賞入選おめでとうございます。

入選作は
「こめかみに刺さる視線錆びたねぢを
           ばらまいたやうな難民キャンプで」など

国連の世界食糧計画日本大使としてシリア難民の支援に携
わった経験を読んだもののようです。
口語短歌なのですが、「ような」を「やうな」の文語体にした
ところは、知花さんのこだわりがあるのでしょう。

最近はsnsの普及もあって、若い人たちの間で短歌を詠むのが
流行っていると、つい3日くらい前のニュースで知りました。

いいことですね

戦後間もない頃の話だったと何かで読んだ記憶がありますが
昭和歌壇の大御所・窪田空穂が愛弟子の一人・金光碧水に送
った手紙の一文に「貴族趣味の青年よ」というくだりがある
ように、万葉集、古今和歌集等を耽読して雅やかな貴族の
言葉に酔いしれた文学青年が多かったのは、私の若い頃も
変わりはありませんでした。

一方で口語短歌を詠む青年たちもいましたが、現在ほど、
普及はしていませんでした。

俵万智さんが角川短歌賞を受賞してから、その普及に拍車が
かかったように思われます。

最後に私の若い頃の愚作を披露します。

まず相聞歌(恋愛歌)

ためらいつつ好きになりしといいし時
             困りしごとき君の顔なりき

潔らけき君すみやかに悟れよかし
            「巧言令色少ないかな仁」

そして世相に対して辛く暗い時の歌

 「エンプラ反対」デモ激突の画面より
             逃れ来て庭の迅(はや)き雲追う

知花くららさんの平成歌壇での活躍をお祈りします
posted by のんびり店長 at 19:42| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外国出身の青年実業家を1棟売りのアパート案内しました!!

昨日、10月26日午前中にバングラディシュ出身で

輸出業を営む青年実業家G氏を売りアパートを

4棟案内しました。

DSC07876.jpg
DSC07891.jpg
さいたま市北区のアパート

さいたま市西区内野本郷のアパートで感度が出ましたが
早速、資料を取り寄せて銀行に融資の相談に行ってもらう
ようにお話をしました。

G氏は最初は「アパートを建てたいので土地を探してほしい。」
と言って案内初日は上尾市愛宕等アパート用地を案内しま
した。

その時、初めての投資ということを聞いていましたので、
オーナーチェンジ物件の資料も渡しましたが、興味を持ち
ませんでした。

土地の案内から帰ってきて、

初めての投資で、アパート経営のノウハウを持っていない
こと。

従って、新築アパートを建てるにはリスクがあり、また

社長本人が賃貸に住んでいて自己資産がないこと等、

銀行を説得するのは困難だということ。

銀行を説得しやすいのはオーナーチェンジ物件で満室か
満室に近いを物件を探したほうがいいですよ。

とアドバイスして、昨日の再度の案内になったのです。

G氏の夢がかなうといいですね。
posted by のんびり店長 at 10:27| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする